結婚式で上映する素敵なプロフィールビデオやエンドロールを作成するのために。  

イマジンムービー

お問合せ 050-3540-6881 受付時間平日10:00~18:00 (水曜日定休)  

新規登録お問い合わせ

MENU

REFFERENCE 素敵なムービーにするための参考コンテンツ

エンドロールで重要な役割を持つコメントについて

結婚式は新郎新婦を祝福するために行われるものですが、お世話になった友人・知人へのおもてなしや絆を深めるための場でもあります。
エンドロールではしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

【ゲストの名前を流す順番】

結婚式の最後に流れるエンドロールは、披露宴の印象を左右するものです。そのため、オープニングムービーや生い立ちムービーと同様に、エンドロールを重視している方も数多くいらっしゃいます。エンドロールに入るゲストの名前の順番にはいくつかパターンがあります。一般的な順番は、披露宴の席次と同じように、最初に主賓を流し、最後に両親を流すというものです。また、見やすくするために新郎側のゲストと新婦側のゲストに分けることをおすすめします。

【ゲスト別の文例】

友人向けのコメントは親しみが感じられる節度あるメッセージがおすすめです。笑いをとる場合は言葉遣いなどに気をつけましょう。幼少期からの自分をよく知っている親族には、これまでの思いを凝縮したようなメッセージにすると良いです。両親へのメッセージは花嫁の手紙などの演出ですでに思いを伝えているケースもあるため、短くまとめることをおすすめします。

【締めのメッセージ】

ゲストに向けたコメントの後に、エンドロールのまとめとして締めのメッセージを入れてみてはいかがですか。披露宴を綺麗に締めくくることができ、会場にいるゲスト全員に向けた感謝の気持ちと今後の抱負をしっかりと伝えられます。コメントがなくても感動的なラストになりますが、文字にすることでゲストへ気持ちを確実に伝えることができます。ぜひエンドロールコメントも検討してみて下さい。

結婚式を控えており、激安格安価格でエンドロール作成を行ってくれる会社をお探しなら、イマジンムービーをご利用下さい。高品質なエンドロール制作を行っており、お二人が持つゲストへの感謝の気持ちをしっかりとお伝えいたします。ただ安いだけでなく、安くて良いものをお届けします。
ぜひイマジンムービーにお任せ下さい。