結婚式で上映する素敵なプロフィールビデオやエンドロールを作成するのために。  

イマジンムービー

お問合せ 050-3540-6881 受付時間平日10:00~18:00 (水曜日定休)  

新規登録お問い合わせ

MENU

REFFERENCE 素敵なムービーにするための参考コンテンツ

エンドロールで流す名前について

人生の中で特別な思い出となる披露宴。ゲスト様の記憶に残る披露宴にするためには、オープニングムービーだけでなく、披露宴を感動的に締めくくるエンドロールにもこだわることをおすすめします。こちらでは、エンドロールで登場する名前についての情報をご紹介します。

【エンドロールで名前を流す理由】

エンドロールで名前を流すのは、「人生の節目である披露宴に参加していただいて、ありがとうございます。」という感謝の気持ちからだとされています。また、参加していただいたゲスト様に「今後もよろしくお願いします。」という意味も込められています。

【ゲスト様の名前を流す順番について】

基本的に名前を流す順番は決められていません。しかしながら、ゲスト様との関係によっては、失礼にあたる可能性がありますので注意が必要です。こちらでは一般的に見られる名前を流す順番を大まかにご紹介します。
まずは、新郎側と新婦側でゲスト様を分けます。次に会社関係、友人関係、親戚、家族と分けます。名前を流す際には、新郎の会社関係からはじまり、新婦の会社関係、新郎の友人関係、新婦の友人関係と続けていきます。
名前を流す順番に関しましては、はじめにも記載しましたが、必ずしもこのような順番にする必要はありませんので、あくまで参考程度にご覧下さい。

【ゲスト様の敬称について】

こちらも決められていません。しかし、名前を流す順番同様、失礼にならないよう注意が必要です。一般的にエンドロールで名前を流す時は「様」をつけます。小さいお子様の場合は、「○○くん・○○ちゃん」とつけると良いでしょう。

ウェディングムービーを制作する際には、様々なポイントがあります。ウェディングムービーを自作する方のほとんどが初めての作業になると思いますので、気をつけなければいけないポイントを押さえて制作するのは困難だと思います。ウェディングムービーの制作でお困りであれば、ぜひイマジンムービーにご相談下さい。