結婚式で上映する素敵なプロフィールビデオやエンドロールを作成するのために。  

イマジンムービー

お問合せ 050-3540-6881 受付時間平日10:00~18:00 (水曜日定休)  

新規登録お問い合わせ

MENU

REFFERENCE 素敵なムービーにするための参考コンテンツ

ウェディングで知っておきたい豆知識

結婚式や披露宴の準備はやることも多く、とても大変なものです。プロフィールムービーをはじめとするウェディングムービーの制作や、中にはウェディングケーキを自作される方もいらっしゃいます。こちらでは、主にムービー制作で知っておきたい豆知識をご紹介します。

【ロケーション】

ウェディングへのこだわりから、プロフィールムービーなどの素材を新しく撮影する方も多いです。せっかく写真を撮るなら、ロケーションの良いところで快晴の日に撮りたいものではないでしょうか。ここで役に立つのが「天気出現率」というデータで、これは過去のお天気データから日別ごとの天気の確率を示すものです。気象庁のサイトから年月日・観測地点ごとに過去のお天気データをダウンロードして、撮影日や式当日に晴れている確率の高い日を割り出すことができます。

【モデルのポージング】

ムービーの素材となる素敵な写真を撮影するために、ポージングにはこだわりたいものです。写真撮影されるプロのテクニックは、ぜひ参考にしたいという方も多いのではないでしょうか?こちらでは基本のポージングをご紹介いたします。


○片足を半歩前にだして、斜め45度


体全体が写る写真を撮る際は、正面からの写真は平面的になり、体のラインがはっきりとでてしまいます。体をカメラ正面から斜め45度にすることで、体全体は写らないので、細く見えます。不自然な斜めにならないように、カメラに向かって足を半歩前にだして、自然な形での斜め45度を作りましょう。


○背筋を伸ばして、肩を下げる


上半身もとても大切です。まず背筋がきちんと伸びているか意識しましょう。そしてカメラに向けている側の肩を少しだけ下げることで、首を長くみせることができ、小顔効果が期待できます。 女性の場合は、首を少し傾けて表情をプラスすることで、顔のラインもすっきりと写すことができます。

他にも自然な笑顔の作り方など様々なテクニックがありますので、プロフィールムービーやエンドロールなどに使う写真撮影で活用してみてはいかがでしょうか。

【自然な照明を取り入れる】

ウェディングの写真素材を撮影するときに、張り切ってアクセサリーやネイルにこだわるならちょっとした工夫を加えてみてはいかがでしょうか。例えば、ネイルはパステルカラーよりも少し濃い目の色を選ぶ、といった定番の方法があります。また、屋外撮影に最も適した時間は14~16時と言われています。自然な光で明るく写すことが可能な時間帯なので、撮影のスケジューリングを考える際にご参考になさって下さい。